無職の場合にカードを作れる条件と作れない条件の差について

MENU

仕事をしていなくてもクレカは作れる?

 

クレジットカードのイメージ

 

クレジットカードのキャッシングやリボ払いにより自己破産する人が増えています。
特別な事情がある場合を除けば、なるべく利用しない方が良いでしょう。
娯楽などであれば貯金の範囲でやりくりするのが大切です。

 

そんなクレジットカードですが、そもそも仕事をしていなくても作れるのでしょうか?
仕事が無ければ大抵の人は貯蓄が少なくなりますし、キャッシング時の負担も増えてしまいます。
クレジットカードがどのような条件で作れるのかを見てみましょう。

 

 

無職でもクレジットカードは作れる

 

キャッシングやリボ払いによる自己破産のリスクを考えるなら、無職の人にクレジットカードは作れないでしょう。

 

しかし、クレジットカードはショッピングや飲食店での支払いに利用することも多いです。
そのため、必ずしも定職に就いていなければクレジットカードが作れない訳ではないのです。

 

まず、専業主婦や学生でもクレジットカードを作ることが可能です。
定職を持っていませんが、これは家族に支払い能力がある人が居ると判断されるためです。
仮に支払いが滞っても周囲の人が負担してくれる可能性があるため、ある程度の信頼が持たれます。

 

他には大きな貯蓄を持っている場合も問題無くクレジットカードを作れます
お金があればある程度の支払いが行えるので、銀行側も安心してカードの発行が行えるのです。

 

無職の期間が長く、一人暮らしで貯蓄も無いというケースではクレジットカードの審査が通りにくくなります。
仮に通過したとしてもキャッシング枠は最低額の10万前後になるでしょう。

 

 

クレジットカードを作れないケース

 

前述したように無職の期間が無く、貯蓄が無いなどの条件を満たすと審査が通りにくくなります。
無職かどうかではなく、審査の1つに安定した仕事を持っているかが入っていのと考えると良いです。

 

また、過去に借金の返済が滞った場合や債務整理を行った場合はクレジットカードが作れないでしょう。
信用情報が傷付いている状態、つまりブラックリストに登録されているので難しくなるのです。

 

あるいは住所不定の場合もクレジットカードの作成が困難になります。
本人確認の際に住所が分からないと信用するための情報が足りないと判断されてしまいます。

 

銀行によって条件は微妙に違いますが、こうした要素を満たしていないといけません。

 

クレジットカードは信用できる相手にだけ発行されるものなので、キャッシングやリボ払いの支払いは期日通りに行うようにしましょう。それが信頼してくれた銀行に対するマナーなのです。