キャッシング枠を増やすためにはどうすればいいのか?

MENU

キャッシング枠が広がる条件

 

キャッシング枠が広がる条件をチェック

キャッシング枠にはクレジットカードを利用する個人ごとに上限が設定されています。とある人は30万でも、別の人は100万が上限になっているのです。

 

どうすればキャッシング枠の上限が広がるのでしょうか?

 

それはクレジットカードを発行している銀行に問い合わせを行って、キャッシング枠を広げて貰わないといけないのです。

 

ここではキャッシング枠を広げる方法やその条件について紹介したいと思います。いくらまでならキャッシングの上限を引き上げられるのかも分かるでしょう。

 

 

キャッシング枠を広げる条件

 

まず最初に総量規制という法律について知っておく必要があります
これは返済能力が無い人に莫大なお金を貸した結果、利用者が破産しないように守る制度と言って良いです。
総量規制とは、年収の3分の1までしか借り入れ出来ない制度のことなのです。

 

例えば、年収300万の人ならキャッシングの上限は100万まで引き上げられるでしょう。
逆に年収が90万の人なら上限は30万が制限になると思って良いです。

 

キャッシング枠を広げるには収入証明、つまり年収がいくらあるかを申告しなければなりません
所得証明書が必要なので年収を偽るのは難しく、基本的には事実を伝えるしかないのです。

 

ですが、銀行によっては50万以下のキャッシングなら収入証明をしなくても許可してくれています。
無職であっても少額のキャッシング枠を利用出来るのは、こうした仕組みがあるです。

 

このように、キャッシング枠を広げるには銀行への申請が必要で、50万を超える場合は収入証明が必須となります。
少額であれば収入証明は必要なく、普通に申請を行うだけで問題無いでしょう。

 

 

キャッシング枠を増やせないケース

 

収入証明を行えば必ずキャッシング枠が広がる訳ではありません。リボ払いの残額がたくさん残っている状況や過去に支払いが何ヶ月にも渡って滞っているケースでは増枠が出来ないのです。

 

キャッシングとは銀行が個人に対してお金を貸す行為です。
そのため、返済されない恐れがある相手にはキャッシングの増枠を行わないのです。

 

特にリボ払いを使用していて、さらにキャッシングの増枠を希望する人はお金に困っている確率が高いです。
そうした人に対して追加でお金を借りられるようにするのは、銀行にとってはマイナスなのです。

 

少額のキャッシング枠を増やすのは容易かもしれませんが、上限を何倍にも高くするのは難しいと考えて良いでしょう。