「キャッシング」と「消費者金融」どちらを使うのがいいのか?

MENU

キャッシングカードローン消費者金融の違いは?

 

キャッシングカードローン消費者金融の違いについて考える人

 

クレジットカードが普及した結果、借金という存在が非常に身近になりました。
消費者金融へ審査を申し込みに行くのはそれなりにハードルが高かったです。
ですが、ATMを相手に行うクレジットカードのキャッシングは心理的なハードルを下げているのです。

 

そんな便利さを持つキャッシングですが、そもそも消費者金融との違いは何なのでしょうか?
どちらで借金する方が良いのか、どのような違いがあるのかを紹介したいと思います。

 

 

キャッシングと消費者金融の違い

 

キャッシングはクレジットカードを利用して借金する方法で、基本的には24時間利用することが可能です。
金利も消費者金融と比べると低く設定されているので利用しやすくなっています。

一方の消費者金融ですが、店舗の営業時間で無ければ利用は難しいです。
仕事をしている人だと平日の利用が難しく、利便性ではクレジットカードにやや劣ります。
また、金利もキャッシングと比べると少し高いケースがあるので覚えておきましょう。

 

審査の点でも違っており、キャッシングはクレジットカードを持っていれば使えることが多いです。
つまりクレジットカードを作れれば問題無いのです。

 

消費者金融は年収や返済プランなど、そうした確認や審査があるので手間は増えるでしょう。

 

そうした点を考えると、審査の視点からもクレジットカードの方が使いやすいのです。
ただし、クレジットカードを作る審査は銀行によって厳しくなっているので、一概に優れているとは言えません。

 

 

どちらを使うのがお得なのか?

 

状況によっても異なりますが、一般的にはクレジットカードの方がお得でしょう。
カードを持っているだけでキャッシングが出来ますし、借りたい時に面倒な手続きが必要ありません。
消費者金融は総量規制などもありますので、利便性の面でも負けているのです。

 

クレジットカードの利便性は非常に優れていますが、闇も潜んでいるので注意です。

 

安易なキャッシングやリボ払いが可能になった結果、借金が返済出来なくなる恐れがあるのです。
返済能力が無いのに次から次へと借金をしてしまうと自己破産に陥るかもしれません。
キャッシングを利用する際は計画的に行いましょう。

 

どちらが得かを知るのは大切ですが、どちらが危険かを考えておく方が良いです。
自己破産してからではいろいろと遅いので事前に注意する気持ちを持ってください。