借金が膨らみ返済できなくなった方の多くは任意整理で解決しています。

MENU

自己破産以外の解決策

借金やカードの支払いができなくなったら自己破産をして全ての財産を失う極端なイメージを持っている人がいます。
多額の借金を抱えて苦しんでいる人でも自己破産を選択する人はごく一部で、自己破産以外にも多数の解決策が存在します。

 

 

債務整理は4種類ある

債務整理の種類は4つ

自己破産は債務整理の一種です。
借金を全てチャラにできる唯一の方法ですが、財産を失うことや自己破産中は特定の仕事に就けなくなるなど制約が多く、官報に掲載されて同僚や親戚・知人などに知られてしまうリスクがあります。
債務整理は自己破産を含めて4種類あり、クレジットカードを理由に借金地獄へ陥った方の大半は任意整理で解決しています。

 

 

・自己破産
紹介している通り、借金を無効にする債務整理の最終形態です。
借金がなくなる変わりに生活に必要な最低限の財産を除いて差し押さえられます。
自己破産をするには裁判所に申立を行い、認められる必要があります。
保証人のある借入をしている場合は、保証人の弁済能力がある限り認められないので注意しましょう。

 

 

・民事再生(個人再生)
自己破産と同様に裁判所へ申立を行い、現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらえれば減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していく手続です。
元本を含めた減額が可能で、最大で借金を10分の1まで減額できるケースがあります。
住宅ローンを除いた借金のみ債務整理できる救済処置があるので、持ち家がある人に向いています。

 

 

・任意整理
弁護士や司法書士が介入して債権者と交渉することで、将来の利息停止や長期分割など現実的な返済方法に組みなおすことです。
一般的に将来の利息がなくなるので債権者の利幅は失われますが、応じなければ自己破産など他の手続きに進められる可能性があるため、正当性のある内容であれば債権者も任意整理に応じてくれます。
裁判所を介さずに利用できるので手続きが簡単です。

 

 

・調停
任意整理と本質は同じで、弁護士や司法書士を仲介して債権者と和解交渉を行います。
一般的に任意整理で和解できない場合に裁判所で調停委員立ち合いの元で協議をします。
調停委員の発言に強制力はありませんが、裁判所から中立な立場の第三者の助言が入ることで和解しやすくなります。

 

 

債務整理以外の解決策

自己破産以外の解決法とは

債務整理をすると家族にバレてしまい、信用情報に傷が付くなどデメリットも多数あります。
債務整理以外の解決策をまとめました。

 

 

・おまとめローン
クレジットカードのキャッシングやリボ払い、消費者金融など複数の借入先がある場合に、
借り換えをして返済先を1つにまとめる方法
です。
多くの金融機関が扱っていますが、長期間の返済遅延がないことや、収入に応じて返済能力のある借金である必要があります。
(参考記事:おまとめローン)

 

・返済プランの変更
クレジットカードの場合、1回払いや分割払いを選択していた場合でも、支払日前に連絡を入れることでリボ払いに切り替えられるケースがあります。
他にも返済期間の長期化に応じてもらえるケースもあるので、返済遅延を起こしそうな時は事前に連絡をして相談してみてください。
返済期間を長くすると長期的な利息負担は増えますが、返済遅延をして遅延損害金が発生し信用情報に傷が付くよりかはマシです。

 

 

・家族に相談する
クレジットカードから借金地獄に陥る人の多くは、家族に内緒で借金しています。
払えない状態になると利息で借金が膨れ上がっていき、信用情報に傷がつくことや、職場へ給料の差し押さえの連絡が入るなど事態は深刻になります。
自力での解決が難しい場合はプライドを捨てて家族へ助けを求めることも検討してください。

 

 

・一時しのぎをする
直近の支払い費用を工面できないけど将来的にはボーナスなどで返済できる目途がある場合は、他の方法で資金調達してください。
物の売却や、クレジットカードのショッピング枠現金化、違う金融機関からの借入など、手段を選ばなければ何かしらの方法が見つかるかもしれません。
返済見込みのない中で新たな借金をして一時しのぎをすると、数カ月後にはパンクして家族の助けでも対処できない事態に陥ってしまいます。
借金を増やして対処する場合は必ず計画に基づいた行動を取ってください。